セミナー

廃業や倒産、事業再生に関する様々なテーマで不定期にセミナーを開催しています。

主な講師のご紹介

講師:大竹 夏夫講師:大竹 夏夫

講師:大竹 夏夫

弁護士・税理士・事業再生コンサルタント
弁護士法人レセラ代表・東京弁護士会所属
多数の倒産・再生案件を手掛けています。
YouTube、Facebook、Instagram、Twitterでも発信しています。

  • 無料セミナーあり
  • WEBセミナーあり

「コロナ融資で膨れ上がった負債の対策」 事業を続けながら借金がゼロになってしまう「借金ゼロ再生」(第二会社方式)とは?

  • 【 日 時 】 2021年7月8日(木)< 19時00分〜20時00分
  • 【 形 式 】 Webセミナー(Zoom)
  • 【 参加料 】 無料

※定員に達したため、お申込みは締め切りました。

“新型コロナウィルス感染症対策のために
売上げが大幅に減った事業者向けに
コロナ緊急対策融資が出ています。
融資がなければ潰れかねない状況であることは言うまでもありません。
借りざるを得ないというのが実情です。
しかし,もともとあった借入に,今回のコロナ対策融資が追加され,
会社の負債が膨れ上がっているという問題も現実です。
今はまだ据置期間だから元本返済は始まっていません。
しかし,数年後には元本返済が始まります。
そのときコロナウイルス感染症が解消していたとしても,
元本を返済するだけの「利益」を出せるのでしょうか?
コロナ対策融資で膨れ上がってしまった負債を
どのように解決すればよいのでしょうか?
そこで,私どもがご提案しているのが,
「借金ゼロ再生」(第二会社方式)です。
この方法であれば,
今の事業・店舗を続けながら
借金をゼロになってしまいます。
ついでに,延滞している税金も無くなってしまいます。
この結果を得られるのは,この方法しかありません。
たったひとつの方法です。
もし5,000万円の借金があるとしたら,それがゼロになります。
1億円だったら,それもゼロになってしまいます。
この方法は5,000万円や1億円の価値があるわけです。
このWebセミナーにご参加いただければ,
その価値ある方法をお教えいたします。

【 参加していただきたい方 】
1 コロナウィルス対策融資で何千万円・何億円もの負債が膨れ上がってしまった企業の経営者の方
2 コロナウィルス対策融資が受けられず,今までの借金が返済できなくなっている企業の経営者の方
3 以上のように負債の返済に困っている顧客企業を抱えておられる税理士,会計士等の方

【 セミナーの内容 】(予定)
コロナウィルス対策融資の功罪
据置期間はクビを締める
返済できないとどうなるのか?
倒産するとどうなるのか?
事業を続けながら,借金をゼロにできる仕組みとは?
メリットとデメリット
手続の流れと注意点
質疑応答”

参加者の声

  • 経営の立て直しのやり方を研究しています。借金ゼロ再生は良いスキームのひとつだと思います。(企業経営者)
  • いくら大きな負債を抱えていても、借金ゼロ再生を利用すれば、ほとんどダメージなく事業が継続できて事業や生活再建ができることを知ることができました。(ライター)
  • 実際に相談出来る人がいなかったので、この先のプランを考えるきっかけとなりました。(飲食店経営者)
  • こんな方法があるんだ!と思いました。とても勉強になりました。(飲食店関係者)
  • 事業承継にも借金ゼロ再生が使えるのには感銘を受けた。(保険代理店業)
  • 話がまとまっていてとても分かり易かった。極端な言い方をすれば、いとも簡単に借金や滞納税金が消えて失くなってしまう。(企業経営者)
  • 非常に分かりやすいセミナーでした。周りで苦しんでいる人に紹介して行きます。(投資不動産販売業)
  • 「父から息子」「社長から元従業員」など実際の事例・エピソードを交えて教えていただきよく理解できました。最後の経営者の方の動画インタビューの表情もとても印象的でした。ひとりでも多くの必要な経営者の方にこの情報が届けばいいなと感じました。(M&A関係者)

セミナーQ&A

セミナーは経営者でなければ受講できないのですか?

いいえ。どなたでも受講できます。
ただし、弁護士の方はお断りしております。

セミナーでは、「借金ゼロ再生」の仕組みを教えていただけるのでしょうか?

はい。詳しくご説明しております。

Webセミナーでは、他の参加者に名前や顔が見えますか?

他の参加者にはお名前も映像も見えません。ZoomのWebセミナー形式を使っており、通常のミーティング形式と違って、他の参加者には見えないようになっています。

有料セミナーのお支払方法は?

クレジット決済のほか、銀行振込も可能です(PayPalのシステムを利用しています。)

▲